ディープインパクト種付け料総額は?回数や方法がスゴすぎる!

2019年7月30日、頚椎の骨折により17歳で亡くなったディープインパクト。

ディープインパクトは、競馬に詳しくない人でも何度か聞いたことがある名前ではないでしょうか。

 

まさに、競馬界史上の最強馬です。そんなディープインパクトの種付け料総額はいくらなのでしょうか?

そして、ディープインパクトのこれまでの種付けの回数や方法も気になります。

 

そこで今回は、ディープインパクト種付け料総額は?回数や方法がスゴすぎる!についてご紹介します。

スポンサーリンク

ディープインパクト種付け料総額はいくら?

 

この投稿をInstagramで見る

 

S.Yamamori[ネオ兄さん]さん(@neo_shigematy)がシェアした投稿

では、史上最強馬であるディープインパクト種付け料総額はいくらなのか?を見ていきましょう。

 

ディープインパクト種付けは、ディープインパクトが亡くなる.2019年度まで行われています。

ディープインパクトの種付け料は、2019年度がこれまでの最高額で4,000万円です!

 

これディープインパクト種付け料総額ではありませんよ・・・。あくまでも1頭あたりの種付け料金です。

もちろん、条件としてディープインパクトの種付けをして不受胎となった場合は金額か全額返還されます。

 

それにしても、さすが史上最強馬ディープインパクト。1頭(1回)の種付け料が半端ないですね!

一般サラリーマンの年収で何年分でしょうか・・・。(^_^;)

 

そして、ディープインパクト種付け料総額は、なんと約527億円です!

1億でも一般市民にはあまり想像がつかない額ですが、種付け料総額が527億円って・・・。(◎_◎;)

ディープインパクトの子供(産駒)となれば、それだけ競馬での成績に期待をかけられているということですね。

 

では、気になるディープインパクト種付け料推移(年度別)を見ていきましょう。

ディープインパクト種付け料推移(2007年~2019年)

年度種付け料金(1回あたり)種付け頭数年間種付け料
2007年1,200万円215頭25.8億円
2008年1,200万円232頭27.8億円
2009年1,000万円171頭17.1億円
2010年900万円219頭19.7億円
2011年1,000万円229頭22.9億円
2012年1,000万円246頭24.6億円
2013年1,500万円262頭39.3億円
2014年2,000万円255頭51.0億円
2015年2,500万円261頭65.3億円
2016年3,000万円243頭72.9億円
2017年3,000万円241頭72.3億円
2018年4,000万円197頭78.8億円
2019年4,000万円24頭9.6億
ディープインパクト種付け料総額→2795頭527.1億円

 

ちなみに、このディープインパクト種付け料総額が誰に入るのか?と気になりませんか・・・。

 

社台が30株、馬主の金子さんは15株なので、馬主の金子真人さんには、ディープインパクト種付け料総額の1/4程度が取り分となります。

よって、約132億円はディープインパクトの馬主である金子真人さんに入るということです。

億で動いている世界ですね。

 

一般市民とは数値のケタが違いすぎます・・・(^_^;)

 

ちなみに、ディープインパクトの馬主である金子真人さんの所有馬や資産・年収についての記事はこちらです。

 

【関連記事】

 

>>金子真人の所有馬は?資産や年収が凄すぎ!いったい何者?

 

スポンサーリンク

ディープインパクト種付け回数はどのくらい?

 

この投稿をInstagramで見る

 

極ウマくん@日刊スポーツさん(@gokuumakun)がシェアした投稿

では、ディープインパクト種付け回数はどのくらいだったのでしょうか?

 

先ほどの表、「ディープインパクト種付け料推移」に記載してありますが、2007年~2019年にかけて、ディープインパクトは2,795頭に対して種付けを行っています。

ということは、1頭=1回と考えた場合、これまで2,771回の種付けを行ったということになります。

 

年平均の種付け頭数(回数)でみると、213頭(213回)でした。

ディープインパクトは、まさに最強馬として競馬のために命をささげた馬と言えます。

 

ディープインパクト血を受け継いだ子供(産駒)がこれから、父ディープインパクトを超えるような走りを見せてくれることを期待したいですね。

 

【関連記事】

>>ディープインパクトの子供の数は何頭?最強馬は?値段がズコイ?

スポンサーリンク

ディープインパクトの種付け方法とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

極ウマくん@日刊スポーツさん(@gokuumakun)がシェアした投稿

続いて、ディープインパクト種付け方法について見ていきましょう。

競走馬の種付けとは?

競走馬で活躍している種牡馬(今回はディープインパクト)と繁殖牝馬を交尾させ、種牡馬にディープインパクトの子供(産駒)を受胎させることを言います。

そして、未来活躍する競走馬を誕生させることが目的です。

 

ディープインパクトの種付け方法!

  1. ディープインパクト(種馬)と繁殖牝馬を引き合わせる前に、他の別の牡馬と繁殖牝馬を引き合わせます。
  2. すると、次第に繁殖牝馬が発情してくるタイミングを見計らって、種馬であるディープインパクトと繁殖牝馬を交尾させます。

これがディープインパクトの種付け方法になります。

 

ちなみに、馬の種付けの時間は30秒という短い時間で終了するそうです。

あとは、繁殖牝馬の発情時期をしっかりと見計らって種付けは行われるようです。

 

一般的に繁殖牝馬の発情期は暖かい季節で4月~5月が多いとのこと。

馬の受胎率は約70%で、思っていたより高確率で受胎するようです。

 

強い競走馬を育てるために、色々なことが行われているんですね。

ディープインパクト種付け料総額や回数・方法についてまとめ

今回は、ディープインパクト種付け料総額は?回数や方法がスゴすぎる!についてご紹介しました。

ディープインパクトの種付け料総額は衝撃の料金でしたね。

 

史上最強馬のディープインパクトなので納得ではありますが・・・。また、ディープインパクトの子供(産駒)を受胎させるために年間の種付け回数もかなりの数でした。

そして、ディープインパクトのような競走馬の種付け方法も色々とタイミングが大切のようです。

 

ディープインパクトが亡くなった今、ディープインパクトの子供(産駒)が競走馬として活躍してくれることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アイキャッチ画像引用:https://hochi.news/articles/20190730-OHT1T50267.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です