岡本碧優の名前の読み方や生年月日は?出身地や中学校も気になる!

スケートボードの岡本碧優選手、実は2020年2月現在13歳ながら世界1位の実力の持ち主です。

名前の読み方も難しいですが、本当に13歳なのでしょうか。生年月日が気になりますね。

しかもスケートボードのために、出身地から離れた中学校に通っているそうです。

そこで今回は、岡本碧優の名前の読み方や生年月日は?出身地や中学校も気になる!をご紹介致します。

岡本碧優の名前の読み方は?

岡本碧優選手の名前の読み方って難しいですよね。

 

調べてみたところ、名前の読み方は、「おかもと みすぐ」と読みます。

「碧」と「優」なんか素敵な組み合わせですね。

 

見ただけでは、読むのが難しいですが、これからますます注目の選手になる岡本碧優(みすぐ)選手、すぐに名前が広がりそうですね。

スポンサーリンク

岡本碧優の生年月日と年齢は?

岡本碧優選手、お顔を見ても、若いということがわかりますね。

年齢はいくつなのでしょうか。

まずは、岡本碧優選手の生年月日をチェックしました。

 

岡本碧優選手の生年月日は、「2006年6月22日」生まれです。

2020年2月現在、年齢は13歳です。

 

やっぱり若いんですね。

若いからといっても、実はすごい選手なんです。

 

2020年の今年行われる東京オリンピックで、初めて種目として採用されたスケートボードで、パーク女子の金メダル候補といわれているのが岡本碧優選手。

まだ、オリンピック代表選手には選出されていませんが、いろいろ期待してしまいますね。

スポンサーリンク

岡本碧優の出身地や中学校はどこ?

岡本碧優選手、2020年2月現在13歳ですので中学生ということになりますね。

出身地は、愛知県高浜市です。

地元の中学校に通っているのでしょうか。

 

実は、岡本碧優選手が現在通っている中学校は、愛知県ではなく、岐阜県の岐阜県立永森南中学校に通われています。


ご実家が出身地から引っ越しをしたのかと思ったのですが、実は笹岡建介選手の家に下宿をされています。

笹岡建介選手は、スケボーの大会で何度も優勝されている選手で、東京オリピックでは、岡本碧優選手と同じようにメダル候補です。

 

岡本碧優選手は、笹岡建介選手の家での下宿中に

「あいさつや礼儀など、スケートボードでもいろいろな技を教えてもらっています」

とおっしゃっています。

 

まだ中学生の岡本碧優選手、親元を離れての生活は大変でしょうが、スケボーへの気持ちの強さがよくわかりますね。

スポンサーリンク

岡本碧優のスケートボードの経歴は?

2020年2月現在13歳の岡本碧優選手のスケートボードの経歴が気になりますね。

岡本碧優選手、東京オリンピックを兼ねた国際試合で2020年2月現在4戦4勝で、なんと世界ランキングは1位です。

 

岡本碧優選手、スケートボードをはじめたのが小学校2年生からということですが、すでに経歴がすごいですね。

スポンサーリンク

岡本碧優の両親や兄弟は?

岡本碧優選手、現在下宿中ということですが、離れて暮らすご両親や兄弟が気になりますね。

ご両親に関しての情報をチェックしてみましたが、情報はありませんでした。

 

ご両親は離れて暮らしているということですので、岡本碧優選手の出身地でもある愛知県高浜市で暮らしていらっしゃるのではないでしょうか。

岡本碧優選手兄弟は、お兄様がいらっしゃいます。

スケボーをはじめたきっかけが、お兄様からの影響ということでしたので、仲の良い兄弟なのかもしれませんね。

 

ご両親・兄弟の情報はほとんどありませんが、オリンピック有力候補としてこれからでてくるかもしれませんね。

岡本碧優(スケボー)のプロフィール

スケボーの岡本碧優選手のプロフィールをチェックしてみました。

  • 名前:岡本 碧優(おかもと みすぐ)
  • 生年月日:2006年6月22日
  • 年齢:13歳(2020年2月1日現在)
  • 身長:141cm
  • 体重:36kg
  • 出身地:愛知県高浜市
  • 学校:岐阜県立永森南中学校
  • 所属:Proshop Bells

 

現在の下宿先の笹岡建介選手のお父様も元全日本ジュニア王者、下宿を受け入れるにあたり条件をだしています。

それが、空中で1回転半する「540(ファイブフォーティー)」の習得でした。

まだ小学校6年生だった岡本碧優選手に出された条件は、当時女子ではまだ誰も成功していない大技でしたが、見事マスターしています。

「新しい技ができたときの感覚が好き」

と語る岡本碧優選手。2020年東京オリンピックまでにさらに新しい技を習得されるかもしれませんね。

 

2020年さらに注目すべき年になるかもしれません。

楽しみですね。

 

以上、スケボーの岡本碧優選手のプロフィールでした。

岡本碧優の名前の読み方や生年月日は?出身地や中学校も気になる!まとめ

スケートボードの岡本碧優選手、名前の読み方は難しいですが、これから活躍が期待できる選手ということで、名前もすぐ広まりそうですね。

2020年の東京オリンピックでは初の種目として選ばれたスケートボード、岡本碧優選手、選出される前ですがすでに金メダル候補ともいわれています。

 

生年月日が、2006年6月22日とまだ2020年2月現在13歳ですが、すでに世界ランキング1位という実力で、おそらく東京オリンピックにも選出されるのではないでしょうか。

出身地から一人離れて、スケボーの技術向上のために現在笹岡建介選手の家で下宿中で、中学校も下宿先から通っている岡本碧優選手、スケボーへの熱い気持ちがよくわかりますね。

若き金メダリストの誕生を期待してしまいます。

 

2020年東京オリンピックから目が離せませんね。

以上、岡本碧優の名前の読み方や生年月日は?出身地や中学校も気になる!をお伝え致しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【こちらの記事もよく読まれています!】

岡本碧優(スケボー)のスポンサーは?年収が凄すぎる!

岡本碧優みすぐのwiki風プロフィールは?経歴も徹底調査!

岡本碧優(スケボー)の兄弟は?実家の両親(父・母)や家族構成も!

堀米雄斗(スケボー)の彼女や結婚は?イケメンでかっこいいと評判!

ナイジャヒューストン(スケボー)の彼女や年収は?日本人の祖母の真相も!

アイキャッチ画像引用:https://www.nikkansports.com/sports/news/201906170000085.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください