9月入学制の卒業式はいつ?誕生日で学年が変わる可能性があるかも調査!

新型コロナの緊急事態宣言発令中の中、9月入学制という案が持ち上がりました。

9月入学制を取り入れた場合、卒業式はいつになるのでしょうか?

また誕生日で学年が変わる可能性も気になるところです。

そこで今回は、9月入学制の卒業式はいつ?誕生日で学年が変わる可能性があるかも調査!についてご紹介します。

スポンサーリンク

9月入学制の卒業式はいつになる?

9月入学制を取り入れた場合の卒業式は、8月になることが考えられます。

 

その理由は、これまでの4月入学制の場合は、3月に卒業することが大半です。

よって、9月入学制となり、9月に入学式を行う場合は、8月に卒業することになります。

スポンサーリンク

9月入学制で誕生日によって学年は変わるの?

9月入学制が導入された場合、誕生日によって、学年が変わることが考えられます。

現在の4月入学制の場合は、4月2日生まれの子どもは小学校2年生の場合、同年に産まれた4月1日生まれの子供は、まだ小学校1年生ということになっています。

 

よって、9月入学制が導入された場合、9月2日以降に誕生日を迎えた子供は小学校2年生。

そして、同年9月1日に誕生日を迎えた子供は小学校1年生になることが考えられます。

 

9月入学制が導入された場合、早生まれという概念が変わってしまいますね。

 

また、9月入学制で誕生日によって、これまで同学年だった子が同学年でなくなるなどした場合、かなりの混乱が予想されます。

これまで、同年として学んできた学習や習い事すべてにおいて、変わってしまうからです。

 

9月入学制の導入が考えられているのは、新型コロナウィルスの影響による休校延長が大きな理由です。

もし、誕生日に関係なく、これまで通り4月2日の誕生日以降から4月1日までを同学年というやり方をそのままつらぬき通すにしても、9月入学、8月卒業と、これまたかなりの混乱を招くことは間違いなさそうです。

 

4月の入学式、3月の卒業式というのは、日本を代表する桜が見れる季節でもあります。

桜と一緒に写る入学写真と卒業写真はとても思い出深いものでした。

日本の大切な風習でもありますね。

 

9月入学制が導入されることで、桜の季節に入学、そして卒業ができなくなるのは、少し寂しい気がします。

スポンサーリンク

9月入学制のメリットとデメリットは?

9月入学制についてのメリットとデメリットをみていきましょう。

9月入学制のメリット

  • 9月入学制が導入された場合は、このようなメリットが考えられます。
  • 新型コロナによる休校延長での授業の遅れを取り戻せる
  • 学校での年中行事が取り戻せる
  • 中止などになってしまった、就活や試験などが再開できる可能性がある
  • 入学後に休校なく授業を受けることができる
  • 学力低下を取り戻せる可能性がある

9月入学制のデメリット

  • 9月入学制が導入された場合は、このようなデメリットが考えられます。
  • 誕生日によって学年が変わる可能性があり混乱を招く
  • 2020年9月から導入となると、準備期間が短すぎ混乱する
  • これまでの桜の季節での入学式、卒業式ができなくなる
  • 台風の季節での入学、卒業となり、天候が悪くなる可能性が高い
  • これまでの有名な卒業の歌とイメージが合わなくなる可能性が高い

 

以上のように、9月入学制について、9月スタートになることで学校の従業も一から学ぶことができるというメリットは大きいですね。

現在は、全国的な緊急事態宣言により休校延長となっています。

 

私の県では2020年5月末まで休校延長です。

4月の入学式後すぐに休校となり、約丸々2カ月もの休校。

 

これまで一度も授業を受けていないのです。

当然ながら学力低下は心配ですよね。そういった面では、9月入学制にすることで新たなスタートをきれるので、良いのでは思います。

 

しかし、一方、誕生日によって学年が変わる可能性がありますよね。

これまで同学年だったお友達が同学年でなくなる可能性も十分に考えられます。

 

また、準備期間が短すぎです。そのため、多くの混乱が予想されます。

果たして、本当に9月入学制が実施されるのでしょうか?ちょっと歯がゆいですが、今は政府からの報告を待つしかありません。

スポンサーリンク

9月入学制に対する世間の声は?

9月入学制に対する世間の声を見てみましょう。

やはり、子供を授かる時期も早生まれを避けて、あえて夏に授かるようにした人もいますね。

誕生日によって、学年が変わってしまうことに対しても、多くの声が上がっています。

スポンサーリンク

9月入学制の卒業式はいつ?誕生日で学年が変わる可能性があるかも調査!まとめ

今回は、9月入学制の卒業式はいつ?誕生日で学年が変わる可能性があるかも調査!についてご紹介しました。

9月入学制は確かに、休校延長の授業の遅れを取り戻すことができたり、学校の年中行事も取り戻すことができたりと、そういった面では確かに大きなメリットがあります。

 

しかし、誕生日によって、これまで同学年だったお友達が、学年が変わってしまい、先輩後輩という位置づけになってしまう可能性があること。

そして、早生まれを避けて子供を授かったのに、時期をずらした意味がなくなってしまう。

 

さらには、誕生日によって、学年が変わることで多くの混乱を招く可能性も大きいです。

できるだけ混乱なく、今後のために最善となる方向で決定していただきたい思いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【こちらの記事もよく読まれています!】

シャープマスク販売ECサイト会員登録に繋がらない!購入できないの?

パナソニックマスク通販購入はいつから?予約販売や値段、購入方法も調査!

アベノマスクに汚れ付着や虫購入の不良品は交換できる?返品方法も!

ホットケーキミックス売り切れはなぜ?ないのは緊急事態宣言の自宅待機が理由か!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください