不後祐将(中京院中京)のドラフトや読み方は?身長・中学や家族も!

2019年夏の高校野球で3年ぶりに甲子園に出場した中京学院大中京の不後祐将選手。

そんな中京院中京の不後祐将選手がドラフト候補なのか気になりますよね!

また、不後祐将選手の名前の読み方は?身長や中学、家族などのプロフィールも気になるところです。

今回は不後祐将選手がドラフト候補なのか、名前の読み方や身長、体重、家族などのプロフィールについてもご紹介します!

スポンサーリンク

不後祐将(中京学院大中京)はドラフト候補確定?

中京学院大中京の不後祐将選手は、ドラフト候補と言われています。

しかし、不後祐将選手が中京学院大中京高校を卒業した後にプロ野球の道を進むのか、大学に進学するのか本人の意思がまだ公表されていません。

 

実は不後祐将選手は、中学時代にU15日本代表に選ばれたこともあり、その時から有名な選手です。

当時から活躍していた選手ですのでドラフトの関係者からすでに注目されている可能性は高いと言えますよね!

スポンサーリンク

不後祐将の名前の読み方は?

View this post on Instagram

第101回全国高校野球選手権大会6日目(2回戦)・第3試合~甲子園球場~ 中京学院中京(岐阜)4ー3北照(南北海道) 中京学院中京が3回戦進出で大会10日目(3回戦)・第3試合で東海大相模(神奈川)との対戦が決まった。1点追う7回裏に申原のタイムリーなどで4点奪い勝ち越し成功。その後は赤塚と元の継投で逃げ切った。 北照は先発した桃枝が8回152球4失点と好投。打線は終盤に追い上げるもあと一歩及ばなかった。 #第101回全国高校野球選手権大会 #2回戦 #甲子園球場 #中京学院中京 #不後祐将 #藤田健斗 #岐阜県 #北照高校 #桃枝丈 #南北海道

A post shared by 大上 翔平 (@shouhei_1988) on

不後祐将選手の名前の読み方は「ふご ゆうま」です。

名字も名前も調べないとなかなか読めないと思います。

 

不後という名字は全国におよそ40人しかいない珍しい名字のようです。

今後活躍すれば、不後祐将選手の難しい名前の読み方も、普通に誰でも読めるようになりそうですね!

スポンサーリンク

不後祐将の身長と体重は?

不後祐将選手は身長:170㎝、体重:72㎏です。

実は不後祐将選手は、身長、体重ともに他の選手よりも小柄なことを気にしています。

 

しかし、不後祐将選手は投球を極めることによって小柄な体格をカバーしたそうです。

相当な努力家ですよね!

不後祐将の出身中学校はどこ?

不後祐将は岐阜県の代表高校、中京学院大中京の野球部として2019年の甲子園に出ていますが、出身中学校は兵庫県の神戸市立玉津中学校です。

そして、野球では強豪の神戸須磨クラブ出身です。

 

中学生の頃は、ヤングリーグでの優勝経験もあり、最優秀選手賞も受賞しています。

当時から輝かしい成績を残していたんですね!

不後祐将の家族は?

不後祐将選手の家族について調べてみましたが、確実な情報は得られませんでした。

しかし、小学生の頃から野球をしてきて強豪チームで全国大会にも出場しているので、家族のサポートも必要不可欠だと思います。

きっと家族みんな野球が好きで温かい家族なんでしょうね!

不後祐将(中京院中京)のプレースタイルはサウスポーと球速!

不後祐将選手(中京院中京)のプレースタイルで一番注目されているのはサウスポーです!

サウスポーの選手はまだまだ少ないので投手共に違和感があり、攻略するのが難しいと言われています。

 

不後祐将選手の球速は最速139キロで常時135キロくらいです。

現代の高校野球では150キロ代の球速の選手も多くいますのでそこまで早く感じないですよね?

 

しかし不後祐将選手はサウスポーであること、投球コントロールの良さを活かして左右どちらの打者に対してもインコースを攻めていきます。

そのボールが視聴者からは想像がつかないくらい打ちにくいようです。

 

また、不後祐将選手(中京院中京)のプレースタイルで次に注目されているのが、安定したストレートだけでなく変化球の種類も豊富ということです。

ストレート、スライダー、ツーシーム、カットボール、フォーク、チェンジアップなど試合の場面に応じて投げ分けている変化球は普段から慣れている選手でも打ちにくい投球となっています。

 

不後祐将選手(中京学院大中京)のプレースタイルは、サウスポーとコントロール能力の安定した投球にありそうですね!

高校生にしてプロ野球並みの投球スタイルなので今後どんな選手に成長していくのか楽しみですよね!

不後祐将(中京学院大中京)のプロフィール

不後祐将(中京学院大中京)のプロフィールを見てみましょう。

  • 名前:不後 祐将(ふご ゆうま)
  • 生年月日:2001年9月10日(17歳)・・・2019年8月時点
  • 出身地:兵庫県
  • ポジション:投手
  • 投打:左投げ左打ち

 

中京学院大中京は、野球の名門で有名ですがTVすらも見れない3年間の寮生活を強いられます。

不後祐将選手(中京学院大中京)もそんな環境でしっかり野球を極めてきた選手ですが、この3年間で甲子園に出場を果たしたのは2019年だけです。

 

高校3年間の集大成で、甲子園出場が果たせて良かったですよね!

不後祐将(中京学院大中京)まとめ

不後祐将選手(中京学院大中京)のドラフト候補なのかや名前の読み方、身長、中学、家族などのプロフィールをご紹介しました。

まだ高校生の一般人なので公表されていない情報も多かったですが、1番気になるのは不後祐将選手の中京学院大中京の卒業後の進路ですよね!

 

ドラフト候補として名前があがってくる可能性は高いですが本人の意思が大事ですからね…今後の不後祐将選手の動きから目が離せませんね!

もし不後祐将選手がプロ野球選手になればいろんな情報が分かると思いますので、新しい情報が入り次第お知らせします!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【高校野球(甲子園)の関連記事】

星陵高校 林和成監督の離婚理由や経歴は?歌や松井秀喜との関係も!

 

アイキャッチ画像引用:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180722001186.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です