川村元気の家族は?結婚して妻(嫁)や子供はいる?父親はどんな人?

映画プロデューサーや小説家、脚本家など、さまざまな分野で注目を集めている川村元気さん。

映画「モテキ」「電車男」「君の名は。」や、小説「世界から猫が消えたなら」などの数々の大ヒット作品を生み出しました。

そんな川村元気さんの家族構成や結婚事情、妻(嫁)や子供がいるのか?気になりますよね。

そこで今回は、川村元気さんの家族、父親はどんな人なのか、結婚して妻や子供がいるのかなどを調査しました!

川村元気の家族構成は?結婚して妻(嫁)や子供はいる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aya Kawachiさん(@aya.kawachi)がシェアした投稿

川村元気さんの家族構成について、はっきりとした情報はわかりませんでした。

ですが、過去に出演された番組内での発言や、インタビューから、父と母がいることがわかっています。

 

また、結婚して妻や子供がいるのか?についてですが、現在はご結婚されているという情報や子供がいるという情報はありませんでした。

 

川村元気さんは、3作目の小説「四月になれば彼女は」で恋愛をテーマにした作品を書かれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#読書記録 〈179〉 #四月になれば彼女は #川村元気 ーあらすじー 僕はある人と結婚することになった。そのとき、僕宛にかつての恋人から手紙が届いた。4月から始まる僕が愛について問う一年の物語。 ー感想ー 「世界から猫が消えたなら」「億男」の川村元気が2年ぶりに綴った愛についての話。猫のほうは読了済み。その時に感じた透明感ある文体と青い世界観が思い出されました。内容は多分重め。愛について考えさせられる。そしてこの人の作品は絶対海外へ行っちゃうなぁ。なんでなんだろ。 『わたしは愛したときに、はじめて愛された』この文がじんわり染みてきます。 #文藝春秋 #読了 #活字中毒 #本 #本好きな人と繋がりたい #読書 #読書好きな人と繋がりたい #小説 #小説好きな人と繋がりたい #bookstagram #世界から猫が消えたなら #億男

JUN@読書記録さん(@rainofstarisunstoppable)がシェアした投稿 –

以前のインタビューでは「恋愛小説を書くことで、恋愛とは一体何なのかを知りたかった。」という発言をしており、自身の恋愛についての情報も一切わかっていません。

 

今後注目していきたいところですね(^^)

スポンサーリンク

川村元気の父親や母親はどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

うりうケゐタさん(@ketagetageta)がシェアした投稿


川村元気さんのヒットには、幼少期に父親から受けた「映画の英才教育」が根源となっているのでは?と言われています。

川村元気さんの父親は、日本大学芸術学部を卒業し、日本活動寫眞株式会社で助監督を務めました。

 

経済的な理由で挫折し、映画の夢を諦めてしまいましたが、その後、川村元気さんが生まれ、教師となり、英才教育を始めました。

母親は、クリスチャンであることがわかっており、川村元気さんは、幼少期に旧約・新約聖書を読むこともありました。

 

また、母親は息子を野に放つようなタイプでしたが、川村元気さんは、家庭の方針により、幼稚園にも保育園にも通わせてもらえず、3歳の頃はとても孤独だったことを出演された番組内で話しています。

スポンサーリンク

川村元気のプロフィールや経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

介護ポストセブンさん(@kaigo_postseven)がシェアした投稿

  • 名前: 川村元気(かわむらげんき)
  • 生年月日: 1979年3月12日生まれ(40歳)・・・2019.6.1時点
  • 出身地: 神奈川県横浜市
  • 職業: 映画プロデューサー、小説家、脚本家、映画監督、絵本作家
  • 最終学歴: 上智大学文学部新聞学科

川村元気の経歴

  • 2001年:大学卒業後、東宝株式会社に入社。入社当初は大阪・難波南街で、劇場チケットのもぎりの仕事をしていましたが、社内企画の企画募集に応募し、プロデューサーに。
  • 2005年:映画「電車男」の企画・プロデュース。37億円もの興行収入を記録。
  • 2008年:映画「デトロイト・メタル・シティ」を企画・プロデュース。興行収入23億円のヒットを記録。
  • 2010年:映画「告白」「悪人」を企画・プロデュース。「告白」は、興行収入38億円のヒットを記録。日本アカデミー賞最優秀作品、米アカデミー賞外国語映画賞日本代表に選出。「悪人」は、19.8億円の興行収入を記録。
  • 2011年:史上最年少で、藤本賞を受賞。
    同年、映画「モテキ」を企画・プロデュースし、興行収入22億円のヒットを記録。
  • 2012年:「世界から猫が消えたなら」で作家デビュー。
  • 2013年:佐野研二郎と共著で絵本「ティニーふうせんいぬものがたり」を出版。
  • 2017年:「藤本賞」を再受賞。「渡辺晋特別賞」を受賞。

 

このように、数々の分野での活躍されていることがわかります。

スポンサーリンク

川村元気の家族!結婚して妻(嫁)や子供・父親や母親まとめ

今回は、川村元気さんの家族、結婚して妻(嫁)や子供はいるのか、父親や母親はどんな人なのかのまとめでした。

多彩な才能を持った川村元気さん。

今後はどんな作品を生み出してくれるのか、楽しみですね♪

最後までご覧になってくださり、ありがとうございました(^О^)

 

川村元気の関連記事はこちら

川村元気の仕事術とは?年収がスゴイ?出身高校や大学などの学歴も!

 

アイキャッチ画像引用:http://news.livedoor.com/article/detail/15227711/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です