友井雄亮は性格に問題?幼少期の生い立ちは?病気で治療が必要!?

2018年12月31日の紅白初出場を果たした純烈のメンバー。

 

そのメンバーの一人である友井雄亮さんが、週間文春の取材によって様々な事実が明るみになってしまいました。

もちろんスキャンダルの内容が内容だけに、人として決して許される内容ではありません。

 

DVや使い込みなどといった行動を起こしてしまった友井雄亮さんの性格や幼少期はどんな子だったのでしょうか?

精神的な病気によって治療が必要な状態なのかも気になるところです。

 

そこで今回は、友井雄亮は性格に問題?幼少期の生い立ちは?病気で治療が必要!?について調べてみました。

 

スポンサーリンク

友井雄亮は性格に問題があった?

元純烈の友井雄亮さんの性格は、本人も謝罪の時に話しているように「怒りっぽい」性格のようです。

 

その友井雄亮さんの気性の荒さを認めるのは、元純烈の他4人のメンバーでした。

メンバーは、昔から「あいつはすぐキレる」と言われるほど、性格的にすぐにカッとなるタイプのようですね。

 

世の中色んな人が居るので、カッとなってすぐキレるというのは、「あの人って短気だよね」で済まされる場合がほとんどです。

しかし、友井雄亮さんは、ただの短気で終わらず元彼女に暴力をふるうといったDV。

そのせいで彼女が流産。

 

木製のハンガーで彼女を殴るというのは普通では考えられません。

また、彼女が妊娠していると分かっている状態で、引きずり回すというという行為も、はっきり言って異常です。この行動はまさにDVですね。

 

ということは、友井雄亮さんは一旦腹が立ってカーッと頭に血が上ると、自分の感情が抑えられなくなってしまう。

そして、相手の事など全く考える余裕も無くなり、暴力行為に走る。

 

もうこれは、性格だけの問題ではなさそうですね。

ここまでの暴力行為や金銭の使い込みに至ってしまうのは、友井雄亮さんの幼少期に家庭環境などに問題があったのでしょうか?

 

友井雄亮さんの幼少期について調べてみました。

 

スポンサーリンク

友井雄亮の幼少期!生い立ちはどうだった?ジャニーズ時代は態度の悪さで有名?

友井雄亮さんの幼少期や生い立ちについて調べてみましたが、情報が見つかりませんでした。

ですが、友井雄亮さんのジャニーズ時代については詳しい情報が分かりました。

 

友井雄亮さんのジャニーズ時代は、本名の牧野雄亮として活動していました。

友井さん(牧野雄亮)は14歳の頃にジャニーズ事務所に入り、関西ジャニーズJrのメンバーの一員になりました。

 

当時大人気だった光GENJIの解散コンサートにも出演しています。

関西ジャニーズJrのメンバーによると、友井雄亮さんは関西ジャニーズJr時代からやはりキレやすいことで有名だったようです。

 

そして、後に友井さんは18歳の時、自主的にジャニーズ事務所を辞めています。

その理由は、メンバーと上手く行かなかったのがジャニーズを辞める理由かと思いきや、決してそうではなく、かなり真面目な理由でした。

 

友井雄亮さんがジャニーズ事務所を辞めた理由は、「自分の将来を考えて、このままでいいのか?ジャニーズ事務所に甘えて人気が出ているだけではないのか?それは本当の自分の力ではない。」「本当の自分は何がしたいのか?」など自分の将来についてかなり真面目に考えていますよね。

こういった考え方をしている人が、まさか暴力行為に走ったり、数千万円という金銭の使い込みをするなんて信じられません。

 

ですが、関西ジャニーズJr時代には、ちょっとでも自分の思い通りにならなかったり不満なことがあると、すぐにドアを足で蹴とばしていたといいます。

とにかくすぐに物に当たったり、暴力行為に走りやすいタイプということですよね。

 

そして、当時からかなり女性やファンからはモテモテだったそうで、それで有頂天となってしまったかのか、変な自信に繋がってしまったのか?普段から威圧的で態度はかなり悪かったと噂されています。

ということは、関ジャニメンバーと仲が良かったとは言えないということが想像できます。

 

しかし、なぜかジャニー喜多川さんからは気に入られていたようですよ。

もしかしたら、友井さんは、純烈のファンに見せている場を盛り上げるおちゃらけた一面も持っているそうなので、そういったところと真面目な部分がジャニー喜多川さんに気に入られたのかも知れませんね。もちろん顔もカッコイイですし・・・。

 

ですが、友井さんご本人が認めているとおり、暴力(DV)も金銭の使い込みも事実です。

性格が荒い半面、真面目な一面もあり、もしかしたら本当の友井雄亮さんは、たまにおちゃらけてチャラ男のように見せるのは外の自分で、本当の友井さんは、実はかなり繊細な性格でガラスのような心を持った人なのかも知れませんね。

 

まして、DV行為に走りやすい人というのは、性格的にかなり繊細なタイプが多いと言われています。

友井さんは、とても繊細な性格で心の許容範囲が狭く、自分の許容範囲から外れると理性がストップし精神的に自分で対応仕切れなくなるのかも知れません。

 

スポンサーリンク

友井雄亮は病気で治療が必要!?

友井雄亮さんがDVなどの暴力行為や、金銭の使い込みなど、本来なら理性で抑えるところが、友井さんの場合はその理性が働かなくなってしまうといった状態です。

だとすれば、これはもう精神的な病気と言えるのではないでしょうか?

 

自分で自分をコントロールできない。

もちろん、自分の精神状態の全てを自分でコントロールするのは難しいです。

 

しかし、人間として犯してはいけないことは、真面目な考えも持つ友井さんであれば、これは良い、これは悪いということが人として分かっているはずです。

だからこそ、涙を流しての謝罪会見となったのだと思います。

 

「人間としてやり直す」この言葉は、友井雄亮さんの本当の気持ちであり、犯してしまったことの後悔の表れですよね。

でも、後悔していてもどこかで誰かがストップをかけなければ、また同じことを繰り返す人生となってしまうことが予想できます。

 

だからこそ、友井雄亮は精神的な病気もあると考えられるので、しっかりと精神科の病院で治療してもらい、新たに生まれ変わった友井雄亮さんとしてまたお目にかかりたいですね。

 

友井雄亮は性格の問題・幼少期生い立ち・病気治療まとめ

今回は、友井雄亮は性格に問題?幼少期の生い立ちは?病気で治療が必要!?について記事を書きました。

 

純烈メンバーとして初の紅白歌合戦の出場を果たし、これから増々盛り上がっていくはずだった友井雄亮さん。

いきなりの週間文春の報道でショックでした。

 

過去にやってしまったことは決して消すことはできないので、友井さん自身がしっかりと受け止めて、前に進んで欲しいと思います。

残りの純烈のメンバーと元純烈の友井雄亮さんのこれからの未来を応援しています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です