ノーベル賞の真鍋淑郎の妻は?子供や家族構成もチェック!

2021年ノーベル賞を受賞した真鍋淑郎さん、大きな話題となっていますね。

 

真鍋淑郎さんご本人が優秀な方というだけでなく、なんと妻や子供も多才なんて情報が!

気になりますよね。

 

家族構成だけでなく、多才の家族についても調査。

 

そこで今回は、ノーベル賞の真鍋淑郎の妻は?子供や家族構成もチェック!をお伝え致します。

スポンサーリンク

ノーベル賞の真鍋淑郎の妻はどんな人?

https://twitter.com/anakinsoraaruki/status/1445900571517485056

ノーベル賞の受賞が決まった真鍋淑郎さんの妻は信子さん、2021年10月現在80歳。

プリンストンで、茶道(表千家)の教室を運営・講師をされています。

 

2011年4月7日には、マンハッタンで行われた茶会でデヴィ夫人を招いてお茶会を開催。

 

2013年11月16日、ニューヨークの表千家流草芽庵で茶会を開催されたときには、手作りの目出度い鯉を型取ったお菓子を用意したのが信子さん。

 

2019年、プリンストン日本人会会員主催のイベント「お茶を楽しみましょう!」でも信子さんのお手製栗ようかんを提供。

 

信子さん、茶道だけでなく料理が上手なのかなと思っていたら、プリンストン大学のアダルトスクールでは日本料理を教えていたんだとか。

 

信子さんは和食だけでなく、中華やイタリアンなども上手なようで、真鍋淑郎さんも

 

和食や中華、イタリアン…… 毎日、妻の料理を堪能している。
私は最も恵まれた人間だ

 

と絶賛されています。

 

しかも、妻の信子さんは、1992年から1994年までプリンストン日本語学校の校長を務めていたんですよ。

 

真鍋淑郎さん、ノーベル賞決定とのきには、

 

子供たちの面倒をよく見てくれ、研究に100%集中できた。感謝以外の何物でもない

と感謝を伝えています。

 

信子さん、真鍋淑郎さんについて

私は主人をいつもリスペクト(尊敬)しています

 

とのこと。

なんか、素敵な夫婦関係ですね。

ノーベル賞の真鍋淑郎の妻との馴れ初めは?

ノーベル賞の受賞が決まった真鍋淑郎さんと妻 信子さんとの馴れ初めを調べてみましたが、情報はみつからず・・・。

 

ただ、ノーベル賞の受賞決定は、妻の信子さんがいたからこそ。

 

真鍋淑郎さんは、

もう彼女(妻)がいなかったら、僕はもう生きていなかったかもしれない。
感謝以外のなにものでもないです

 

といい、妻の信子さんは

先生がこっちのこと(研究)をして私がこっち(家)を守って、2人で二人三脚ですから

 

とコメント。

 

馴れ初めはわかりませんが、妻の信子さんがいたからこそ、真鍋淑郎さんはノーベル賞を受賞したのでしょうね。

ノーベル賞の真鍋淑郎の子供は何人?

ノーベル賞受賞 真鍋淑郎さんと妻 信子さんとの間には子供が何人いるか、気になり調べてみました。

二人の間に子供は、娘が二人。

 

渚さんは、イエール大学卒業、モルガンスタンレーでアナリストとして働き、その後パリの料理学校に入学。

 

アメリカに戻ったあとには、ハーバード大学の経営大学院でMBAを取得し、その後さまざまな企業のマーケティング職に就いたんです。

 

20年のマーケティングのキャリアには、なんとゴディバ北米のマーケティングと製品開発責任者という経歴も。

 

キングストン シンプリーヨガスタジオでシニアインストラクターを11年間務めているという経歴もあるんです。

 

娘 渚さんの夫も大学教授なんだとか。

 

もう一人の娘さんは、残念ながら名前などは判明せず。

 

ただ、真鍋淑郎さん、ノーベル賞がわかったときに、二人の娘に連絡し、びっくりしながらも喜んでくれたとのこと。

家族仲、良さそうですよね。

 

真鍋淑郎さんは1931年9月21日生まれで、2021年10月現在90歳。

 

妻 信子さんは生年月日はわかりませんが、真鍋淑郎さんよりも10歳年下で2021年10月現在80歳です。

 

そこで、孫も何人かいるのかな、と思ったので調べてみたところ、娘 渚さんには3人の子供がいるので、少なくとも孫は3人

 

きっと、お孫さんも受賞を喜んでいることでしょうね。

 

ノーベル賞の真鍋淑郎の家族構成

ノーベル賞 受賞の真鍋淑郎さんの家族構成ですが、

  • 真鍋淑郎さん本人
  • 妻の信子さん
  • 娘の渚さんともう一人の娘さん

 

4人の家族構成

 

さらに渚さんの旦那様と渚さんの子供が三人。

娘の渚さんは、2021年10月現在58歳。

 

あるテレビ番組にてには、真鍋淑郎さんのお孫さんの映像が出ていたのですが、すでに成長されているお孫さんだなって感じがしました。

 

お孫さんも、ノーベル賞を受賞した祖父がいるって、自慢でしょうね。

ノーベル賞のプロフィールと経歴は?

ノーベル賞 受賞の真鍋淑郎さんのプロフィールと経歴を調査。

ノーベル賞 受賞の真鍋淑郎さんのプロフィール

  • 名前:真鍋淑郎(まなべ しゅくろう)
  • 生年月日:1931年9月21日
  • 年齢:90歳(2021年10月現在)
  • 出身地:愛媛県宇摩郡新立村

 

ノーベル賞 受賞の真鍋淑郎さんの経歴

  • 1953年 東京大学理学部卒業
  • 1958年 東京大学大学院気象学博士課程修了
  • 1958年 アメリカ国立気象局(現:アメリカ海洋大気庁)に入局、後に主任研究員に
  • 1968年 プリンストン大学客員教授を兼任
  • 1983年 東京大学特別招聘教授に就任
  • 1988年 北半球で温暖化が先行すると発表
  • 1989年 科学雑誌ネイチャーに数値モデルによる地球温暖化予測の研究が掲載され、第一回気候変動に関する政府間パネル報告書を通じて注目を集めた
  • 1997年 日本の海洋研究開発機構に勤務(当時 海洋科学技術センター)
  • 2001年 宇宙開発事業団・海洋科学技術センター、地球フロンティア研究システム地球温暖化予測研究領域長
  • 2008年 名古屋大学特別招聘教授
  • 2001年 プリンストン大学で研究(プリンストン大学の上級研究員を務める)

 

真鍋淑郎さんの親族は医者が多く、祖父の代から村でたった一つの病院だったそう。

 

真鍋淑郎さん自身も、医者になろうと考えていたが、

緊急時に頭に血が上る性格だから向かない

 

と考えて、医者の道を諦めて、他の分野の研究者になることを決めたそうです。

それが地球物理学。

 

真鍋淑郎さん、子供のころから気象に対する興味が強く、成績優秀で勉強好き、いつも勉強していたそうです。

 

長年の実績が重なり、大きな快挙に繋がったのでしょね。

ノーベル賞の真鍋淑郎の妻や子供まとめ

ノーベル賞を受賞した真鍋淑郎さんの妻や子供といった家族について調べてきました。

 

真鍋淑郎さんだけでなく、多才な妻と子供ということが判明。

妻が支えてきたからこそ、ノーベル賞受賞に繋がったのでしょうね。

 

2021年10月現在90歳ということですが、まだまだ研究し続けていくのだろうな、と感じました。

 

以上、ノーベル賞の真鍋淑郎の妻は?子供や家族構成もチェック!をお伝え致しました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください