高校サッカープロ内定の注目選手(2021)は? 注目校もチェック!

スポンサーリンク

高校サッカーには、プロ内定の選手が数多くいるんですよ。   今回は、クラブの下部組織ではなく、高校サッカーで活動している2021年度プロ内定の注目選手をチェックしてみようと思います。 全国高等学校サッカー選手権大会出場の注目校もご紹介致しますよ。   そこで今回は、高校サッカープロ内定の注目選手(2021)は? 注目校もチェック!をお伝え致します。

スポンサーリンク

高校サッカープロ内定の注目選手(2021)は誰?

高校サッカー界で活躍、2021年プロ内定している注目選手を調査してみました。   J1チームに内定されているメンバーのみの紹介です。 (年齢は2021年1月現在、全員が18歳です。)   なお、ご紹介したメンバーは、Jリーグの下部組織に在籍しているメンバー、ならびに内定はしていますが高校3年生以外のメンバーは今回のぞいています。  

浦和レッズ

  • 名前:藤原優大(ふじわら ゆうだい)
  • 生年月日:2002年6月29日
  • 身長:182cm
  • 体重:75kg
  • 出身地:青森県弘前市
  • 経歴:青森山田中学→青森山田高校
  • ポジション:DW
年代別の代表にも選ばれている藤原優大選手、青森山田中学の下級生のころからすでに主力選手として活躍されていました。   浦和レッズからは、
正確なロングフィードや攻守におけるヘディングの強さ
と高評価を受けています。   守備的なポジションのボランチやセンターバッグなどをハイレベルにこなす才能の持ち主なんですよ。  

北海道コンサドーレ札幌

  • 名前:中島大嘉(なかしま たいか)
  • 生年月日:2002年6月8日
  • 身長:188cm
  • 体重:77kg
  • 出身地:大阪府
  • 経歴:アイリスFC住吉→RIP ACE SC U-15→国見高校
  • ポジション:FW
国見高校は全国には出場できませんでしたが、スカウトが一目惚れした能力を持っている中島大嘉選手、大阪から国見へ進学をした理由は  
もう一回、青と黄色のユニフォームを。最近(全国に)出れていないというのは知っていたので、自分が入って自分が連れて行ったら「格好良いな」と思って
ということでした。   J1の世界で活躍を期待してしまいますね。  

鹿島アントラーズ

https://twitter.com/aplogsports/status/1344500297222115329
  • 名前:須藤直輝(すとう なおき)
  • 生年月日:2002年10月1日
  • 身長:169cm
  • 体重:63kg
  • 出身地:青森県弘前市
  • 経歴:大宮アルディ-ジャジュニアユース→昌平高校
  • ポジション:MF
1年生のときから10番を背負い、さらには年代別の代表にも選ばれているんですよ。 ドリブルは高校NO.1ともいわれていて、実はオファーは複数受けていたそうですよ。   悩んだ末鹿島アントラーズ入りを決めた須藤直輝選手、Jだけでなく、日本代表としても巧みなドリブルを見せてくれそうですね。  
  • 名前:小川優介
  • 生年月日:2002年4月14日
  • 身長:166cm
  • 体重:55kg
  • 出身地:埼玉県
  • 経歴:FC LAVIDA→昌平高校
  • ポジション:MF
2年生のころからスタメン入り、チームの中心として攻撃をコントロールし、圧倒的な技術力と相手の動きを見極める目を持ち主です。 ただ、2020年の夏まではオファーがなかったそうなんです。   9月に入り、鹿島からのオファーが入り
そんなところから(オファーが)来る?
と心境を語っていました。
2度と無いかもしれないチャンス。 覚悟を決めるしか無い
と鹿島入りを決めたそうですよ。  

ヴィッセル神戸

  • 名前:櫻井辰徳(さくらい たつのり)
  • 生年月日:2002年7月26日
  • 身長:178cm
  • 体重:68kg
  • 出身地:埼玉県越生町
  • 経歴:生越サッカー少年団→東松山ペレーニアFC JY→前橋育英高
  • ポジション:MF
高校サッカーの第99回全国選手権群馬大会7連覇は果たすことはできませんでしたが、ヴィッセル神戸への加入内定を果たした櫻井辰徳選手。   クラブのホームページには、
判断が伴った技術力の高さがあり、左右両足から繰り出される精度の高い長短のパスでゲームの流れをコントロールするプレーメーカータイプのMF
と伝えられています。   期待されているということになりますね。 櫻井辰徳選手自身も、
1年目から試合に出場して結果を残してヴィッセル神戸の力になれるよう頑張ります
  と意気込みを語っていますし、期待に応える活躍が期待できそうですね。  

川崎フロンターレ

  • 名前:田邉秀斗(たなべ しゅうと)
  • 生年月日:2020年5月5日
  • 身長:180cm
  • 体重:68kg
  • 出身地:京都府相楽郡
  • 経歴:山田荘SC→奈良YMCAジュニアユース→静岡学園高校
  • ポジション:DF
田邉秀斗選手のいる静岡学園高校も、第99回全国高等学校サッカー選手権大会には出場していません。 そんな中、川崎フロンターレのスカウトの人が田邉秀斗選手のところに会いに来ると監督にいわれたときには、なぜ自分のところにスカウトが来るのか驚いたそうです。  
もしかしてフロンターレに練習参加させてもらえるかも? いやいや、さすがにそれはないだろう
しかも、スカウトのかたが学校に来たその時が、練習参加の誘いではなく、正式なオファーだったんだとか。   自身の実力などを考慮しながらも、オファーの件を親に電話で報告したところ
行く気があるなら決めなさい
といわれて、オファーを受けることにしたんだそうです。 無名の選手で中学2年まではベンチにも入ることができず、一般受験で公立高校でサッカーをプレーしようとしていたそうです。   ところが、静岡学園高校関係者の目に留まったときにも、
何で俺が? 何かの間違いでは?
と思ったそうですが、チャンスがあるなら迷わないと入学を決めたそうです。   田邉秀斗選手は、高い向上心とチャンスを活かす力がある選手とのことで、Jでの活躍楽しみですね。  

大分トリニータ

  • 名前:西川幸之介(にしかわ こうのすけ)
  • 生年月日:2002年9月11日
  • 身長:178cm
  • 体重:70kg
  • 出身地:愛知県みよし市
  • 経歴:グランパス三好U-12→シルフィードFCU-15→藤枝東高校
  • ポジション:GK
幼い頃からの夢だったプロサッカー選手としてのキャリアを、大分という魅力的なクラブでスタートできることをうれしく思います。   西川幸之介選手は、足元の技術やキックの精度が高く、
身長がなくても、プロで活躍できるというのを見せたい
と意気込みを語っています。  

湘南ベルマーレ

  • 名前:平岡大陽(ひらおか たいよう)
  • 生年月日:2002年9月14日
  • 身長:172cm
  • 体重:66kg
  • 出身地:兵庫県宝塚市
  • 経歴:長尾ウオーズフットボールクラブ→C大阪西U-15→履正社高校
  • ポジション:MF
平岡大陽選手は、インターハイの出場はありませんが高校1年生のころから存在感がある実力派と監督にいわれていました。 持ち前の運動量とテリトリーが広く、攻守積極的なプレーが評価されています。  

横浜F・マリノス

横浜F・マリノスには、同じ高校(興國高)から4人の加入が内定しているんです。   興國高は、インターハイそして選手権には出場していませんが、Jリーガーを輩出している高校です。   横浜F・マリノスに4人進むことによって、
異例中の異例でしょう
と興國高の内野智章監督も驚かれています。  

田川知樹選手

  • 名前:田川知樹(たがわ ともき)
  • 生年月日:2002年9月18日
  • 身長:180cm
  • 体重:74kg
  • 出身地:大阪府
  • 経歴:大阪市ジュネッスFC→興國高
  • ポジション:GK
 

平井駿助選手

  • 名前:平井駿助(ひらい しゅんすけ)
  • 生年月日:2002年9月7日
  • 身長:186cm
  • 体重:73kg
  • 出身地:和歌山県
  • 経歴:岩出FC Azul→興國高
  • ポジション:MF
 

樺山諒乃介選手

  • 名前:樺山諒乃介(かばやま りょうのすけ)
  • 生年月日:2002年9月17日
  • 身長:171cm
  • 体重:65kg
  • 出身地:大阪府
  • 経歴:RIP ACE SC→興國高
  • ポジション:FW
 

南拓都選手

  • 名前:南拓都(みなみ たくと)
  • 生年月日:2002年5月9日
  • 身長:174cm
  • 体重:64kg
  • 出身地:三重県
  • 経歴:FC FAMILIA U-15→興國高
  • ポジション:MF
  下部組織のメンバーだけでなく、高校サッカーからJリーグの世界に飛び込み選手が多く、プロ内定している選手に関しては、J1のみとさせていただきました。 ご了承ください。   注目選手は、J1だけでなくJ2、J3にも数多くいます。 機会がありましたら、J2、J3に加入する選手もご紹介致しますね。   2020年は新型コロナウイルスの影響で、Jリーグでもゲームが開催されないなんて日が続きました。   2021年も状況は見えませんが、選手の活躍が楽しみですよね。

高校サッカー2021の注目校は?

高校サッカー2021の注目校は、大本命の青森山田高校です。   青森山田といえば、常勝チームというイメージがあり、実力ある選手が多く経験値もあるチームですね。 青森山田からは約50人ものJリーガーを輩出しているそうですよ。   大本命がそのまま優勝するのか、それとも青森山田の次の本命といわれている埼玉の昌平高校や市立船橋、矢板中央高校が注目されています。   本命以外の2021高校サッカーの注目校として、静岡の藤枝明誠高校や新潟の帝京長岡高校があがっていますが、どこが優勝するのかわくわくしますね。

高校サッカープロ内定の注目選手(2024)は? 注目校!まとめ

2021高校サッカーから、プロ内定の注目選手が数多くいて、Jリーグが楽しくなりそうですね。 高校サッカーで活躍してる選手以外にも、下部組織から多く選手がプロの世界へ旅立ちます。   旅立った選手がJリーグだけでなく、日本代表として世界の選手と戦うかもしれませんね。 全国高等学校サッカー選手権大会、大本命の青森山田だけでなく、本命校や対抗といわれてる注目校の活躍楽しみです。   以上、高校サッカープロ内定の注目選手(2021)は? 注目校もチェック!をお伝え致しました。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA