台風10号2020たまごが発生!進路予想と東海地方(愛知県)の最接近はいつ?

台風10号2020(ハイシェン)でたまごが発生しました!東海地方の愛知県の進路予想や愛知県の最接近はいつなのか?気になるところです。

そこで今回は、台風10号2020たまごが発生!進路予想と東海地方(愛知県)の最接近はいつなのかについて調査してみました。

スポンサーリンク

台風10号2020でたまごが発生!


台風10号2020(ハイシェン)でたまごが発生しています。

この台風10号2020は、9月6日~9月7日に、九州に最接近、そしいて上陸する恐れがあると言われています。

 

今回の台風10号(ハイシェン)は、史上最大に最強の台風で、台風10号は過去の伊勢湾台風に匹敵するくらいの勢力を保っています。

台風10号2020(ハイシェン)の勢力

ウェザーニュースによる9月6日(日)9時の予想です。

  • 存在地域:  九州の南
  • 強さ階級:  非常に強い
  • 移動:  北北西20 km/h
  • 中心気圧 : 930 hPa
  • 最大風速:  50 m/s (中心付近)
  • 最大瞬間風速: 70 m/s

参考:ウェザーニュース

伊勢湾台風1959年の勢力は?

  • 存在地域:  紀伊半島に上陸
  • 強さ階級:  超大型で非常に強い
  • 移動:  名古屋 南南東 45.7m/s、伊良湖 南 45.4m/s
  • 中心気圧 : 名古屋 958.2hPa、伊良湖 964.6hPa
  • 最大風速:  南南東 37.0m/s、南 45.4m/s
  • 最大瞬間風速: 南南東 45.7m/s、南 55.3m/s

 

今回の台風10号2020(ハイシェン)の勢力と、1958年の大きな被害をもたらした伊勢湾台風の勢力を見比べてみると、台風10号2020(ハイシェン)と伊勢湾台風の勢力が匹敵することが良く分かります。

 

これは、今後の進路予想をしっかりと確認して、台風の災害に備えたほうがよさそうです。

では、気になる台風10号2020の進路予想を見ていきましょう。

スポンサーリンク

台風10号2020の進路予想は?

台風10号2020(ハイシェン)の進路予想ですが、注目する点は、時間が経つにつれて、予報円が大きくなっていることなんです。

この予報円というのは、台風の勢力の大きさを表しているものではありません。

この円の大きさが大きければおおきいほど、進路の不確実さを表しています。

 

そのため、実際のところこの大きな円を見る限り、ふり幅がおおきいため、四国や九州、そして沖縄までどこに向かうのかの予想が難しいところではあります。

ただ、現在のところ、気象庁の進路の見通しとしては、九州地方へ向かうのではと予想されています。

 

よって、台風10号2020(ハイシェン)の進路予想は、九州地方が有力説となっています。

また、台風の特性から、台風の東側は雨風がひどく、被害も大きくなる可能性が高いため、今後の台風災害には十分な警戒が必要とされています。

 

今回の台風10号(ハイシェン)の進路予想は、勢力を保ったまま九州地方へ向かうと予想されます。

伊勢湾台風と匹敵するほどとも言われているため、気象庁としては、「特別警報を発表」することも考えているとの事です。

スポンサーリンク

台風10号2020の東海地方(愛知県)の最接近はいつ?

台風10号2020(ハイシェン)の東海地方、愛知県の最接近はいつなのか?かなり気になるところです。

台風10号2020(ハイシェン)の東海地方(愛知県)への最接近は9月6日(日)だと予想されます。

 

愛知県では、9月3日(木)時点で、時に、雨風がすでに強くなっています。

まさに、台風10号の影響だと言えます。

 

9月4日(金)の東海地方、愛知県の天気予報むは曇りのち雨ということで、9月3日(木)よりも台風の影響が強く出る可能性が高いです。

9月5日(土)は曇り予想ですが、9月6日(日)~9月7日(月)は雨予想です。

 

台風10号2020の今後の進路にもよりますが、伊勢湾台風時とは進路が異なるため、愛知県に大きな被害はなさそうですが、強い雨風は予想されます。

雨風の強い時間帯には、外出は控えたほうが良さそうです。

 

今回の台風は強い勢力のため、愛知県であっても、かなり強い雨風となることが予想されます。

十分に注意しましょう。

スポンサーリンク

台風10号2020たまごが発生!進路予想と東海地方(愛知県)の最接近はいつ?まとめ

今回は、台風10号2020たまごが発生!進路予想と東海地方(愛知県)の最接近はいつ?について調査しました。

台風10号2020のたまごが発生し、現在非常に大きな勢力を保ったまま九州地方に向かっています。

 

今後の進路も注意深く観察しながら、大きな被害が出ないよう、そして、命を守るためにも災害に備えたいものです。

台風10号2020が無事に日本を通り過ぎてくれることを祈るばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください