BISHリンリンは聖心大学で出身地は静岡県沼津市?中国人の真相も!

BISHのリンリンは聖心大学出身で、出身地は静岡県沼津市なのでしょうか?

また、リンリンは中国人との噂もありますよね。真相が気になるところです。

 

無口なリンリン、スイッチが入るとシャウトやダイブもしちゃうギャップがあって面白いですよね。

いろいろ気になってしまいます。

そこで今回は、BISHリンリンは聖心大学で出身地は静岡県沼津市?中国人の真相についてお伝えします。

スポンサーリンク

BISHリンリンは聖心大学出身なの?

View this post on Instagram

My car is my life、なんちゃって

A post shared by リンリン (@lingling_lingling_bish) on

BISHのリンリン、聖心大学出身という噂を耳にしましたが、調べてみたところ、大学を卒業していることは判明しました。

しかし、残念ながら、本当に聖心大学出身なのかといった正しい情報については見つかりませんでした。

 

BISHのリンリンが、一体どこの大学出身なのか気になって仕方なかったので、色々調べてみたのですが、出身大学の情報が全く見つかりません。

 

ただ、リンリンが大学を卒業している理由としては、BISHのライブで「大学を卒業できそうだ」とMCしているときに言っていたからです。

ただし、どこの大学に通っていたかについては、情報情報がないことから、周囲の人も内緒にしていてくれたことがわかりますね。

ツイッターから考えると、卒論で苦労したのかもしれませんね。

スポンサーリンク

BISHリンリンの出身地は静岡県沼津市?

View this post on Instagram

dropsunglasses photo @dai.yamashiro #DieselEyewear #droptokyo

A post shared by リンリン (@lingling_lingling_bish) on

BISHのリンリンの出身地は、静岡県の沼津市なのではといわれているので、調べてみました。

 

BISHのリンリン本人がツイッターで、次のようにつぶやいていますよ。

https://twitter.com/liNGliNG_BiSH/status/1098188600686989313?s=20

このことから、出身地が静岡県ということは確定ですね。

 

他にも、里帰りをして、開店直後の「さわやか」に行ったとつぶやいています。

https://twitter.com/liNGliNG_BiSH/status/1168145202550194176?s=20

「さわやか」というと、知る人ぞ知る、静岡県民なら誰でも知っているのではといえるご当地ファミレスです。

「さわやか」ホームページ

 

2020年7月現在、静岡県内にのみ店舗展開していることからも、BISHのリンリンの出身地が静岡県ということは明らかになりました。

沼津市出身なのかも、迫ってみました。

 

2019年10月22日で行ったライブの会場が「沼津市民文化センター」だったのですが、リンリン、この沼津市民文化センターに縁があるそうです。

リンリン、幼き頃の発表会でティンカーベルを披露したといっています。

この写真が幼き日のリンリンなのでしょう。

ただ、それだけでは、沼津市民だったという決定打には欠ける気がするんですが、沼津市出身の可能性が高いですね。

スポンサーリンク

BISHリンリンは中国の噂の真相は?

BISHのリンリンが中国人という噂がありますが、先ほど本人のツイッターをアップしていますが、静岡県人といってます。

 

ご本人が、

今まで帰国子女とか中国生まれとか適当なことを言ってきましたがただの静岡人です🗻。そーりー🤣

といっていますし、本人のツイッターのプロフィール欄にも「静岡人」と載っています。

 

ただ、リンリン本人も、今まで帰国子女や中国生まれといっていたので、中国人という噂が出ていたんですね。

他にも、リンリンの担当が「無口」ということで、日本語が苦手だから、無口担当にしているのではと想像されていることもありました。

 

また、WACK総選挙ポスターに「我叫玲玲」と紹介されていました。

こちらの意味は、中国語で私の名前はリンリンという意味になるようです。

 

無口そして総選挙ポスターから、中国人なんだなって想像されていましたが、本人も静岡県人と明確にされています。

なので、中国人というのは、単なる噂ということです。

スポンサーリンク

BISHリンリンのプロフィール

BISHリンリンのプロフィールを調べてみました。

BISHリンリン プロフィール

  • 本名:不明
  • 生年月日:1900年3月9日(本人ツイッターより)
  • 身長:156~158cm
  • 担当カラー:ピンク
  • 担当:無口
  • ファンの俗称(清掃員):リンリン☆テレフォンズ

 

生年月日ですが、1900年3月9日とリンリン本人のツイッターのコメント欄にはありましたが、どうやら1998年3月9日のようです。

ということは、年齢は、2020年7月現在22歳ということですね。

 

先ほど、大学に関してお伝えしましたが、浪人や飛び級、留年なしといことを踏まえて考えると、22歳説は正しいようですね。

リンリンは、お姉さんと一緒にオーディションを受けたそうで、加入は2015年8月からです。

 

担当は無口ということで、リンリン☆テレフォンズ達は、リンリンをしゃべらすことにに躍起になっているなんて話も耳にしたことがあります。

 

本当に想像している以上にしゃべることはありませんが、一度スイッチが入ると、ダイブをしたり、激しいシャウトをします

おとなしいイメージがありましたが、ダイブはリンリンがBISHに応募した1番の志望理由なんです。

ギャップがありますね。

 

ギャップといえば、リンリン実は、虫が好きで、「蜘蛛と芋虫と幼虫をかわいい」といっています。

蝶々は羽が破れそうなので、取ることは嫌なんだそうですが、なんと多くの人が苦手な、黒いアイツも、パッととることができるそうです。

 

見た目と違った、たくましさを感じてしまいました。

スポンサーリンク

BISHリンリンは聖心大学で出身地は静岡県沼津市?中国人の真相!まとめ

BISHのリンリン、出身大学に関しての情報はみつりませんでした。

髪型は変わっていますが、おとなしそうな見た目、お嬢様のような感じがしましたので、出身大学が聖心大学という噂は本当だと思っていましたが情報は出ていません。

 

周囲からの情報が出ないってスゴイことですよね。

中国人なんて噂がありましたが、噂の発端は、本人が帰国子女や中国生まれといっていたからなどの噂で、すでに本人が静岡県人と否定しています。

 

ファミレスの「さわやか」のこともいっていますし、出身地は静岡県ということで間違いなさそうです。

 

沼津市出身だったかは、はっきりしていませんが、沼津市に縁があるようですね。

2019年の凱旋ライブは楽しんだのではないでしょうか。

Bishの活躍注目ですね。

 

以上、BISHリンリンは聖心大学で出身地は静岡県沼津市?中国人の真相も!をお伝え致しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アイキャッチ画像引用:https://purulife.site/bish-rinrin-kawaii/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください