N高校出身の有名人や学費や倍率・評判は?落ちた人がいるって本当?「世界一受けたい授業」

テレビ番組の世界一受けたい授業にも登場、N高校。

 

N高校出身の有名人っているのでしょうか。

気になる学費や倍率、実際に通った人の評判はどうなのでしょう。

 

落ちた人っているのでしょうか。色々と気になりますよね。

 

そこで今回は、N高校出身の有名人や学費や倍率・評判は?落ちた人がいるって本当?「世界一受けたい授業」を調査してみます。

スポンサーリンク

N高校出身の有名人は誰?

N高校出身の有名人を調べてみました。

  • ファッションモデル みちょぱこと池田美優さん
  • フィギュアスケート 紀平梨花選手、川畑和愛選手
  • 囲碁棋士 広瀬優一四段
  • テニス 望月慎太郎選手
  • バレエ 立花乃音さん
  • eスポーツ 相原翼選手

など、スポーツ選手やモデル、eスポーツ選手など数多くの有名人がN高校出身です。

 

N高校といえばネット高校として有名です。

学生しての立場だけでなく、すでにさまざまな分野で活躍している人が通いやすい高校のようですね。

スポンサーリンク

N高校の学費はどれくらい?

N高校の学費っていくらぐらいか調べてみました。

ネットコース

  • 入学金 10,000円
  • 授業料 180,000円 ×3年間
  • 施設費 50,000円 ×3年間
  • 教育関連諸費 13,000円×3年間

 

授業料ですが、1単位につき7,200円で卒業までに必要な25単位から計算されています。

N高校といえば、ネットで学習というイメージがありますが、実は通学コースもあるんです。

 

通学コースは、週1、3、5日から選ぶことができますが、ネットコースと比べて学費がアップしてしまいます。

ちなみに、週5日コースを利用すると学費が約95万円。

 

通学コースにはさらに、プログラミングコースというコースがあって、そちらはさらに年間120万円以上と私立高校に通うくらいの学費がかかってしまいます。

ただ、プログラミングコースは、授業にはプロが携わるので、卒業すると高いスキルを身に着けることができるそうです。

高校+専門学校に通ったと思えば、安い方なのかもしれませんね。

 

ネットコースと通学コースどちらも就業支援金を利用すると、いったん費用を収めることにはなりますが、のちに最大29万程度負担が軽くなるとのことです。

利用の検討もしたいところですね。

スポンサーリンク

N高校の倍率は?

N高校といえばネットコースですが、入学するのに倍率があるか気になり調べてみましたが、倍率に関しての情報はみつかりませんでした。

 

N高校には、勉強以外にも忙しく活動されている方の利用だけでなく、さまざまな事情で、違う高校からN高校に編入したり入学している人がいます。

倍率は、高いのではといわれています。

 

中卒では…、事情があって一般的な高校ではなく、ネットを利用したい、高いプログラミング技術を学びたいなど、進学する事情はそれぞれありますね。

昔は高校といえば通学が一般的なんてイメージがありましたが、新しい高校の形なのかもしれないなって思ってしまいました。

スポンサーリンク

N高校の評判は?

N高校に通っている方の評判が気になりますよね!

調べてみましたよ。

N高校の良い評判は?

授業はとても面白いです。先生達が面白おかしく次いで言って分かりやすく教えてくれるのでとても楽しく授業を進められて充実しています

勉強するというより同じ趣味の人との交流を持つことができるということが利点であり、逆に言えばそれしかないとも言えます。

良い評判もありますよ。

N高校の悪い評判は?

就職とかそういう将来のことを見据えているのであればやっぱり普通に大学や専門学校に行った方が良いかと思います。

あまりよくない評判もあります。

 

N高校に通うということを決めるためには、事情に合わせてということになりそうです。

スポンサーリンク

N高校を落ちた人がいた!理由は?

N高校を受けて落ちた人っているようです。

落ちた人の気になる理由ですが、人気のコースを選ぶと落ちてしまうようです。

N高校の人気のコースが「週3日コース」

 

週3日コースを選んだら落ちてしまったという声がありました。

傾向は毎年違うとは思いますが、どうやら週3日コースって人気のようです。

 

他の理由として、通学コースで人気のあるキャンパスを選ぶと落ちてしまうのでは…、ということです。

通学コースを選ぶと落ちてしまう可能性があるようですね。

N高校出身の有名人や学費や倍率・評判は?落ちた人がいるって本当?まとめ

N高校出身の有名人って、思っているよりも多くてびっくりしました。

有名人は、学業とそれぞれの活動との両立が必要になるため、N高のようなネット高校出身者がどんどん増えてきそうですね。

 

N高校出身の有名人、これからさらに増えてくるのではないでしょうか。

学費は、ネットコースを利用すればお得にも感じますし、通学コースを利用すると一般的な私立高校ぐらいの費用がかかるようです。

それでも、それぞれの事情に合わせて通える点は魅力的ですね。

 

倍率よりも人気のコースを選ぶと落ちた人がいたようですが、あくまで通学コースを選ぶと、という傾向のようなので、ネットコースは受かりやすいのではないでしょうか。

 

通いやすい形で学校に通う、新しい進学のスタイルになりそうですね。

 

以上、N高校出身の有名人や学費や倍率・評判は?落ちた人がいるって本当?「世界一受けたい授業」をお伝え致しました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください