吉田萌(シンクロ)の出身高校や大学は?身長・美脚や彼氏についても

シンクロの代表選手が発表されましたね。

今回は1人の選手をのぞいて皆オリンピック初出場です。その中でシンデレラガールと言われてる吉田萌選手。

出身高校や大学はどこなのでしょうか?すらっと見えますが身長や美脚についても気になります。

また彼氏はいるのか?も知りたいです。

そこで今回は、吉田萌(シンクロ)の出身高校や大学は?身長・美脚や彼氏についてもについてご紹介します。

スポンサーリンク

吉田萌(シンクロ)の出身高校や大学はどこ?

シンクロの吉田萌選手の出身高校は名古屋大谷高校、出身大学は愛知学院大学です。

シンクロの吉田萌選手は、出身高校の名古屋大谷高校に在学中から名古屋県の強化指定選手に選ばれていました。

出身大学の愛知学院大学時代も日本選手権水泳競技大会など大きな大会で活躍。

 

現在は出身大学の愛知学院大学の職員をしながら活躍しています。

(画像・左)

ちなみにシンクロの吉田萌選手の出身高校の名古屋大谷高校、お笑いコンビスピードワゴンの小沢一敬さんも在籍していた過去がありますよ。

吉田萌(シンクロ)の身長は?

シンクロの吉田萌選手の身長は168cmです。(画像・左)

ちなみにシンクロの吉田萌選手の体重は53kg。

ものすごくスタイルが抜群です。

 

シンクロとは芸術や表現力などの美しさを争う競技。

当然選手の体型の容姿も評価のポイントになります。

 

このすばらしいシンクロの吉田萌選手の容姿の中で最も注目されている部位があるんです。

それについては次で説明しますね。

吉田萌(シンクロ)の美脚がスゴイ!

シンクロの吉田萌選手の美脚は圧巻でスゴイです。(画像・右)

先に述べた、シンクロの吉田萌選手の容姿の中で最も注目されている部位とはもちろん美脚です。

 

強面コーチで有名な井村HCも吉田萌選手の美脚に太鼓判を押していますよ。

2018年6月に乾友紀子選手のペアに大抜擢された吉田萌選手。

 

乾友紀子選手といったらオリンピックに3大会連続出場するレジェンド選手。

その乾友紀子選手も身長170cm、体重53kgとものすごくスタイルが抜群。

2人は双子のように美脚と音感が似ているんだそう。

 

乾友紀子選手と吉田萌選手のペアについて「世界に通用する脚」だと井村HCが語っていますよ。

また、

「鋭く強い、鋼の様な美しい脚で対抗したい」

と井村HCに言わしめています。

吉田萌(シンクロ)の彼氏や結婚は?

シンクロの吉田萌選手の彼氏の情報や結婚の情報はありませんでした。

シンクロの吉田萌選手は彼氏と青春と堪能したり結婚生活を送る余裕などないように思います。

その根拠は吉田萌選手がシンクロ漬けの日々を送っているからです。

 

吉田萌選手は生後6ヶ月でベビースイミングをはじめました。

そして4歳の頃にはザ・クラブピア88に所属しているのです。

このザ・クラブピア88はシンクロ界ではすごいところなんですよ。

吉田萌(シンクロ)が所属したザ・クラブピア88とは?

名古屋にあるシンクロナイズドスイミング専門の教室。

県内でシンクロナイズドスイミング専門の教室はザ・クラブピア88のみ。

初心者から選手を目指すコースまであり、選手育成コースは週4回のレッスンに加えダンスレッスンもあります。

吉田萌(シンクロ)が所属したザ・クラブピア88 輩出選手

北京オリンピック(2008年)代表

  • 石黒由美子選手
  • 松村亜矢子選手

日本代表選手(過去)

  • 木村真野選手
  • 木村紗野選手
  • 鈴木英里奈選手

吉田萌(シンクロ)のwiki風プロフィール

シンクロの吉田萌選手wiki風プロフィールを紹介します。(画像・右)

  • 名前・吉田萌(よしだめぐむ)
  • 生年月日・1995年7月2日24歳(2019年12月時点)
  • 身長・169cm
  • 体重・54kg
  • 出身地・愛知県
  • 所属:愛知学院大学職員

シンクロの吉田萌選手wiki風プロフィールを紹介しました。

吉田萌選手、「もえ」と読むのかと思ったら「めぐむ」と読むのですね。

吉田萌(シンクロ)の出身高校や大学は?身長・美脚や彼氏まとめ

そこで今回は、吉田萌(シンクロ)の出身高校や大学は?身長・美脚や彼氏についてもについて紹介しました。

シンクロの吉田萌選手の出身高校は名古屋大谷高校、出身大学は愛知学院大学です。

吉田萌選手は4歳の頃から出身地名古屋の名門スクール・ザ・クラブピア88に所属しシンクロ競技にまい進している選手。

 

彼氏など作っている時間はなく噂もないことが分かりましたね。

身長は169cmと高身長でその体からそびえる美脚は監督も大絶賛、世界で通用すると言わしめていました。

競技名がシンクロナイズドスイミング(シンクロ)からアーティスティックスイミング(AS)に変更されてはじめてのオリンピックです。開催地は東京。

近年、ロンドンオリンピック(2012年)以外はメダルを取り続けている日本。

しかし、金メダルは1度も手にしていないのだそう。

 

世界にひけをとらない高身長、技、音感を武器に自国開催の東京オリンピックで金メダルを目指してほしいですね。

東京オリンピック、アーティスティックスイミングは2020年8月3日~8日「東京アクアティクスセンター」で開催の予定です。

楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

アイキャッチ画像引用:https://2020.yahoo.co.jp/column/detail/201907070001-spnavi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください