鈴木浩子(激レアさん)白塗りプロレスラーの経歴は?WWE下着マッチ画像も

スポンサーリンク

2019年6月22日テレビ朝日放送「激レアさんを連れてきた。」は、元アナウンサーでプロレスの白塗りレスラーとして世界的に活躍された鈴木浩子さんがゲストです。

今回の激レアさんのゲストとなった鈴木浩子さんはどのような経歴の持ち主なのでしょうか?

プロレスの白塗りレスラーのWWE時代は、下着マッチ超有名だったとか・・・。下着マッチの画像も気になるところです。

そこで今回は、鈴木浩子(激レアさん)白塗りプロレスラーの経歴は?WWE下着マッチ画像も!についてご紹介したいと思います。

では、さっそくいきましょう。

スポンサーリンク

鈴木浩子(激レアさん)白塗りプロレスラーの経歴は?

今回の「激レアさんを連れてきた。」のゲスト、鈴木浩子さんの経歴を見ていきましょう。

 

鈴木浩子さんは、異例な経歴の持ち主です。

  • 1998年: 明治大学 文学部英米文学科を卒業。その後、福島中央テレビに入社し、本名を少しだけ変えた「水野弘子(みずのひろこ)」の名前でアナウンサーの活動を開始。
  • 2000年:福島中央テレビを退職し、フリーアナウンサーに。
  • 2003年: 同じ明治大学のラグビー部に所属していた鈴木健三と結婚する。夫の鈴木健三が新日本プロレスのプレスラーに転向した。
  • 2004年に夫の健三がWWEと契約したことにより、アメリカに渡るため妻である本人(鈴木浩子)も一緒に渡米。

 

本来であれば、夫健三のみがWWEと契約しプロレスラーとして活動していく予定だったとのこと。

しかし、WWE側から鈴木浩子に対し「一緒に働かないか?」と持ち掛けられ、当時の鈴木浩子は、WWEの仕事といっても裏方の仕事だと思い込んで「YES」の返事をしてしまったとのこと・・・。

それが、きっかけで、鈴木浩子さんもWWEと契約し、なぜかプロレスラーになってしまったようです。

 

そして、WWEと契約してからは、日本人の女性ということでアメリカからすれば、着物を来た芸者のイメージが強かったようで、「ゲイシャガール」として、夫の健三の試合中にサポートする役を演じていたと言います。

これまで、格闘技の経験が全くと言っていいほど無かった鈴木浩子さん。そのため、浩子さんは、すぐにこのWWEとの契約を断ろうと思ったそうです。

 

しかし、夫の健三さんが、あまりにもポジティブな考えで、「これはラッキーだぞ。WWEに認められるとは凄いことなんだぞ!!」と、かなりのハイテンションだったとのこと。

これが、鈴木浩子さんがプロレスの白塗りレスラーとしてデビューしたきっかけのようです。

 

そして、「激レアさんを連れてきた。」で鈴木浩子さんが元白塗りプロレスラーとして紹介されていたのは、WWE時代の「ゲイシャガール」のことだったという訳です。

 

その後、

  • 2005年: 夫の健三さん((KENZO)がWWEから解雇されると同時に、妻の鈴木浩子さんもも解雇の形となりました。
  • 2006年: 夫の健三さんがユニオンプレスで参戦した時は、鈴木浩子は「メカ浩子」のギミックで出場。
  • 2007年: 夫の健三さんとメキシコに渡航し、CMLL・AAAなどとの長期の戦いに挑む。
  • 2010年: 夫の健三さんと共に、日本に帰国。夫の健三は全日本プロレスへ正式に入団する。
  • 2015年:  プロレスラーから一転、政治家の道を目指すことを決意。第18回統一地方選挙 千葉県船橋市議会議員選挙では、無所属での立候補をし、初当選を果たす。その後、「自由市政会」へ所属し活動する。
  • 2018年12月: 第19回統一地方選挙 千葉県議会議員選挙に立候補し、自由民主党推薦を受け、船橋市選挙区から無所属で立候補し、当選を果たし、現在に至る。

 

鈴木浩子さんの経歴は、本当にかなり異例ですよね。

元アナウンサーから、プロレスラー、そして政治家です。

 

アナウンサーになるのも、それだけの実力が必要ですし、プロレスラーの「ゲイシャガール」はともかく・・・。

政治家として活躍するには、頭脳明晰でないと難しいですよね。

 

ということは、鈴木浩子さんは、かなり頭の良い人だということが分かりますね。

 

ところで、鈴木浩子さんは(元白塗りプロレスラー)のWWE時代は下着マッチが有名だったようです。

えっ!!下着マッチって・・・。「18歳未満禁」ではないですよね(^_^;)

 

それにしても、どんな下着マッチなのか、気になりますよね。

では、お待ちかねの「下着マッチ画像」を動画で見てみましょう。

スポンサーリンク

鈴木浩子(激レアさん)白塗りプロレスラーのWWE時代の下着マッチ画像は?

ちょっと、これ以外にもいくつか画像がありましたが、相手の外国人の姿がちょっとハレンチ過ぎたので、今回掲載するのはこれが限界でした・・・(^-^;

 

でも、鈴木浩子さんのWWE時代のゲイシャガールとして活躍されていた時の、下着マッチについてのイメージはこれで十分に想像できるかと思います。

やはり、WWEはアメリカなので、過激ですね。

 

日本では絶対にここまではあり得ませんよね・・・。(^-^;

スポンサーリンク

鈴木浩子(激レアさん)のアナウンサー時代は?

では、鈴木浩子さんの元アナウンサー時代はどのようなアナウンサーだったのでしょうか?

プロレスラーとアナウンサーでは真逆の印象ですが・・・。

 

福島中央テレビのアナウンサーとして活躍されていた当時の鈴木浩子さん(当時は水野弘子)はこちらです。

真ん中の女性ですね!まさしくアナウンサーです。

引用:https://www.suzuki-hiroko.jp/profile

プロレスラーの鈴木浩子さんとアナウンサー時代の鈴木浩子さんとはギャップがありすぎて、少々戸惑いますね・・・。(^-^;

 

出演番組は、日本テレビ系列の福島中央テレビ番組

  • 「ゴジてれシャトル」
  • 「FCTニュースダッシュ」

などです。

アナウンサーとして視聴者に情報をお伝えする仕事をされていたとは、すごいですね!

かなりお話も上手なことが分かります。

 

こちらは、アナウンサー時代の鈴木浩子さんではありませんが、こちらの動画から鈴木浩子さんがお話されている雰囲気は伝わるかと思います。

この画像は2017年の対談です。この頃の鈴木浩子さんはすでに政治家として活動されているので、政治家としての雰囲気が強いですね。(*^_^*)

でも、話し方がハキハキしているので、性格的にも男勝りなところもあるかも・・・、と雰囲気から勝手に想像してしまいました。

 

それにしても、鈴木浩子さんは、どうして政治家の道に進むことを決意されたのでしょうか?アナウンサーやプロレスラーという経歴から、突然政治家への転身とはちょっと驚きですよね。

何か日本を変えていきたいという強い思いがあったのでしょうか?

見ていきましょう。

鈴木浩子(激レアさん)元白塗りプロレスラーが船橋市議会議員選挙に立候補した理由とは?

2010年に夫の健三さんと共に、日本に帰国した鈴木浩子さんは、生活費を稼ぐために、過去の経歴であるアナウンサーの仕事をたよりに、さまざまな仕事をしていました。

しかし、かつてのような現役アナウンサー時代の収入ほどにはならず、日々の生活は苦しくなっていったようです。

夫健三さんの収入もあてにはならなかったそうです。

 

そんな時、健三さんの大学の先輩から、夫の健三さんに対し「政治家に立候補したら」という話をいただいたとのこと。

しかし、夫の健三さんから見れば、妻の鈴木浩子さんのほうが政治家向きだと思ったそうで、これが元で鈴木浩子さんは政治家を目指す決意を固めたと言います。

 

そして、2015年に行われた春の統一地方選では、出身地である船橋市議選に見事に当選されています。

これが大きなきっかけとなり、

「千葉県の人口のうち約10分の1が船橋市なんです。いろいろと考えて、県議会で船橋市のために働きたいと思うようになり、出馬を決意しました。一から出直します」

と新たなる決意をかため、千葉県議会議員選挙に立候補し見事に当選を果たされています。

 

そして、2019年現在も、千葉県議会議員の「鈴木ひろこ」としてご活躍されています。

 

もし、政治家として上手くいかなかったら、「ゲイシャガールに戻ればいいじゃないか」と夫の健三さんからも背中を押されたことも、政治家してやってみようと思った理由の一つのようです。

鈴木浩子のプロフィール

  • 名前: 鈴木浩子(すずきひろこ)
  • 生年月日: 1975年2月14日(44歳)・・・2019年6月時点
  • 出身地: 千葉県船橋市
  • 出身高校: 國學院高等学校を卒業
  • 出身大学: 明治大学 文学部英米文学科を卒業
  • 現在の職業: 千葉県船橋市議会議員

鈴木浩子(激レアさん)白塗りプロレスラーの経歴やWWE下着マッチ画像まとめ

今回は、鈴木浩子(激レアさん)白塗りプロレスラーの経歴は?WWE下着マッチ画像も!についてご紹介しました。

鈴木浩子さんの経歴は本当にビックリですよね。

まさに、政治家界の異端児とも言えるかも知れません。

 

それにして、プロレスラーから政治家になる人って多いような。

有名なのはアントニオ猪木さんですが・・・。

 

今後の鈴木浩子さんのご活躍を期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

アイキャッチ画像引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/1225729/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です