清塚信也(ピアニスト)の姉や血液型は?トークも面白いしかっこいい?

スポンサーリンク

最近テレビで引っ張りだことなっているピアニストの清塚信也(きよづかしんや)さん。

2019年3月3日のテレビ朝日放送「関ジャム完全燃SHOW」にも搭乗されますね。

 

清塚信也(ピアニスト)さんの姉はどんな人なのでしょうか?清塚信也さんの血液型も気になるところです。

また、トークも面白いしかっこいいとか・・・。

 

そこで今回は、清塚信也(ピアニスト)の姉や血液型は?トークも面白いしかっこいい?について記事を書きたいと思います。

では、さっそくいきましょう。

スポンサーリンク

清塚信也(ピアニスト)の姉ってどんな人?

 

View this post on Instagram

 

清塚信也さん(@shinya_kiyozuka)がシェアした投稿

ピアニストの清塚信也さんの姉ってどんな人なのでしょうか?

調べたところ、清塚信也さんのお姉さんは、清塚信也さんよりも2歳年上で、なんとバイオリニストなんです!

しかも美人だとか・・・。

 

いわゆる、美人バイオリストのようです。

よって、お姉さんは、現在もバイオリニストとして活動されているそうです。

 

清塚信也さんはかっこいいし、お姉さんは美人だし、美男美女のきょうだいやんけ・・・(゜o゜)

羨ましすぎる・・・。(^_^;)

 

そして、清塚信也さんがピアニストとなる元のきっかけを作ったのがお姉さんです。

もちろん、母親のスパルタ音楽教育の影響も大きいですが・・・。

 

お姉さんは桐朋学園の「子供のための音楽教室」でバイオリンを習っていたと言います。

要するに、実際はお姉さんが先生からバイオリンのレッスンを受けているわけですが、同じレッスンのところに清塚信也もいたことから、自然に一緒に音楽を学んでいた状態だったということです。

 

清塚信也さんは、母親からお姉さんのバイオリンのレッスンに毎回連れ出されていたことから、お姉さんのバイオリンの音を聴くことで絶対音感をつけることが出来たそうです。

 

清塚信也さんのスゴ技はこちら!

 

よって、絶対音感も養われた清塚信也さんは、子供の頃からテーブルを叩いた音やコップをコンコンと鳴らした音で、今のはドの音だ。ファ♯(シャープ)の音だ。シファソの和音だ。ということが瞬間的に分かる能力が身に付いたということです。

それにしても、清塚信也さんのお姉さんも、清塚信也さんご自身も、音楽家として活躍させるために育てられたようですね。(*^-^*)

スポンサーリンク

清塚信也(ピアニスト)の血液型と性格は?

ピアニストの清塚信也さんの血液型はB型です。

「B型 男性 性格」で調べてみると、もちろん一概には言えないですが、あくまでも傾向として・・・。

  • リーダー的存在
  • マイペース
  • 自分がやりたいことには力を発揮する
  • 好奇心旺盛
  • お調子者
  • 裏表のない性格
  • 実は努力家

という傾向があるようです。

 

そこで、清塚信也さんは、子供の頃からどんな性格だったのか、興味深い情報がありましたので見てみましょう。

  • 周りの子供たちよりも進みが早かったことが優越感だったようで、大人になった今ではご自身で性格の良くない子供だったとおっしゃっています。
  • ピアノに対しては好きとか嫌いはなく、レッスンや練習が嫌いだったようです。
  • 中学までのコンクールではそこまで真剣に練習しなくても良い成績がとれていたのが、中1のコンクールで初めて予選落ちしてしまい、そこから悔しくて1日12時間も練習したと言います。
  • 子供の頃は、男の人が目の前にいるとかなり緊張するため、男の先生は苦手だった。
  • 人に対して疑い深く、人が言ったことを鵜呑みにするのがイヤ。

 

清塚信也さんは、いざ本気だすと、かなりの力を発揮させていますね。

努力家です。1日12時間もの練習量は凄いです!その練習のために学校も早退する勢いだったそう。

 

大人になった清塚信也さんは、おしゃべりも上手くてシャイな感じはしないのですが、子供のころは実はシャイだったようですね。

人が言ったことを鵜呑みにしないというのは、子供の頃が自分というものをしっかりと持っていたということが言えます。

 

よって、B型の傾向である、自分のやりたいことに力を発揮するとか、実は努力家というところは当たってる感じがしますね!(*^-^*)

スポンサーリンク

清塚信也(ピアニスト)はトークが面白い?


最近テレビ番組でも多く出演され、ピアニストの清塚信也さんのトークが面白いと話題になっています。

でもこれは、テレビ番組上だけではないんです。

 

実は、この面白いトークは、清塚信也さんご自身のコンサートでも繰り広げられています。

曲と曲の間に面白いトークが入るといった感じでしょうか。

 

実は、清塚信也さんがコンサート中に面白いトークをするかには理由があるそうです。

その理由は、クラシックは一部の専門家のためだけにあるものではないという考え方から、もっとポピュラーであることが必要だと思っていると言います。

 

よって、一般の人たちにも親しみやすい音楽の世界を作り上げてくれているようです。

清塚信也さんのコンサートで面白いのは、面白いお客さんのエピソードを語ったり、ショパンやモーツァルトなどの有名な音楽家の人物像を上手く表現して面白く笑わせてくれます。

 

こうすることで、敷居が高く感じたり、難しく感じるクラシックにも、気軽に楽しんでもらうことが出来たり、また、クラシックに詳しくなくても、そういったことは関係なく、音楽を楽しむことが出来るのでは?という考えから、面白いトークを始めたそうです。

演奏中に笑いも・・・(*^▽^*)

面白くしゃべるのが慣れているのか?もともと面白い人なのか?そこまでは分かりませんが、テレビ番組を見ていても本当にトークが面白いので、ファンはますます増えると思いますよ。(*^▽^*)

清塚信也(ピアニスト)はかっこいい?ツイッターの声は?

ピアニストの清塚信也さんは、見るからにしてかっこいいですよね。

父親が日本人で、母親が在日韓国人なので、清塚信也さんはハーフなのだそうです。

だからかっこいいという訳ではなさそうですが、やはりかっこいいという声が多いです。

 

そんな、ピアニストの清塚信也さんのツイッターの声を見てみましょう。

こうして、清塚信也さんに対するツイッターの声を見てみると、もちろん顔がかっこいいのもありますが、ピアノを演奏する姿や、清塚信也さんの生き方がかっこいいと感じる人が多いということが分かりました。

清塚信也さんは元々才能があったのは当然ですが、ただ才能だけに頼るのではなく、ご自身が一生懸命に努力してプロとして活躍しているという清塚信也さんの生き方に共感されている人も多かったです。

ピアニストの清塚信也さんはとにかくかっこいいというのは間違いないですね。(*^^*)

清塚信也(ピアニスト)のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

清塚信也さん(@shinya_kiyozuka)がシェアした投稿

名前: 清塚信也(きよづかしんや)

生年月日:  1982年11月13日(36歳)・・・2019年3月3日時点

出身地: 東京都

学歴: 桐朋女子高等学校音楽科(共学)、モスクワ音楽院(留学)

ジャンル: クラシック

職業: ピアニスト、作曲家、俳優

所属事務所: トライストーン・エンタテイメント

趣味:野球、サッカー、ゲーム、映画、読書

座右の銘:こだわらないことがこだわり。

国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

ドラマ「のだめカンタービレ」、映画「神童」で吹替演奏を手掛ける。

年間120本以上の演奏活動のほか、8枚のCD、書籍、教則本、楽譜集を発表。

映画「さよならドビュッシー」で役者デビュー。

清塚信也(ピアニスト)の姉や血液型・トークの面白い・かっこいいについてまとめ!

今回は、清塚信也(ピアニスト)の姉や血液型は?トークも面白いしかっこいい?について記事を書きました。

清塚信也さんも、お姉さんもプロの音楽家として素晴らしい活躍をさせています。

そして、清塚信也さんのピアノ演奏は本当に素敵ですね。ファンが多いこともうなづけますね。

 

清塚信也さんの今後ますますの活躍を期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です