浦瑠一朗コーチの出身高校や大学は?経歴やwikiプロフィール調査!

男子競泳の瀬戸大也選手の新コーチとして浦瑠一朗さんに決定しました。

そんな浦瑠一朗コーチの出身高校や大学はどこなのでしょうか?

また経歴やwikiプロフィールも気になるところです。

そこで今回は、浦瑠一朗コーチの出身高校や大学は?経歴やwikiプロフィール調査!についてご紹介します。

スポンサーリンク

浦瑠一朗コーチの出身中学や高校はどこ?


瀬戸大也選手の指導を行うことになった浦瑠一朗コーチの出身中学校は、朝霞市立朝霞第一中学校です。

一方、瀬戸大也選手の出身中学は、毛呂山町立毛呂山中学校です。

 

中学校は異なる2人ですが、スイミングスクールが「JSS毛呂山スイミングスクール」で同じなんです。

出身中学校は違っても、幼いころからずーっと同じスイミングスクールで水泳の練習をしていました。

 

そして、浦瑠一朗コーチと瀬戸大也選手は、同じ高校に進学します。

進学した高校は、埼玉栄高校です。

 

埼玉栄高等学校の偏差値は、48 ~65なので、普通より少し上といった感じでしょうか。

この埼玉栄高等学校は吹奏楽などにも優れていますが、特にスポーツでは、瀬戸大也選手をはじめ、他にもK-1の魔裟斗さんやプロ野球選手など、多くのスポーツ選手を輩出しています。

 

このことから、浦瑠一朗コーチも瀬戸大也選手も、日本代表の競泳選手になるために、この埼玉栄高等学校に入学したことが分かります。

ちなみに、この埼玉栄高等学校は、水泳の練習をするにはとても設備が整っている学校で、室内温水プールなんです。

 

なので、一年中毎日思い存分に水泳の練習ができるということです。

しっかり練習できる設備が整っているって大切ですよね。

スポンサーリンク

浦瑠一朗コーチの出身大学はどこ?

浦瑠一朗コーチの出身大学は、筑波大学です。

一方、瀬戸大也選手は、早稲田大学です。

 

2人の大学進学先は異なりますが、その後もずーっと瀬戸大也選手とは連絡を取り合っていたそうです。

元ライバルでありながらも、それくらい仲が良かったんですね。

 

浦瑠一朗コーチは、大学時代に宮城県で開催された、第61回全国国公立大学選手権水泳競技大会の100m背泳ぎ で58.43という大会新記録を出している実力の持ち主です。

 

大学時代に、大会新記録ってスゴイですよね。

瀬戸大也選手が浦瑠一朗さんにコーチお願いした理由も分かるような気がしますね。

スポンサーリンク

浦瑠一朗コーチの経歴は?

浦瑠一朗コーチの経歴ですが、浦瑠一朗さんは、これまでコーチとしての経歴はありません。

今回、瀬戸大也選手のコーチになった理由は、心が知れた仲であること。


瀬戸大也選手は、これまで小学校時代からずっと梅原孝之コーチの指導を受けてきました。

実は、浦瑠一朗コーチも一時期、梅原孝之コーチの指導を受けていた時期があるんです。

 

同じコーチに師事していた時期があるということも、浦瑠一朗コーチを選んだ理由の一つでもあるようですね。

では、浦瑠一朗コーチの詳しい経歴を見ていきましょう。

浦瑠一朗コーチの経歴

  • 水泳を習い始めたのが、なんと0歳4ヶ月。
  • JSS毛呂山スイミングスクールで水泳の練習に励む

毛呂山町立毛呂山中学校時代の実績は、瀬戸大也選手と萩野公介選手の3人でチームを組んで記録を出しています。

フリー400m、フリー800m、メドレー400m、この3種目で、中学生記録を飾っています。

 

  • 2020年5月「LiberWin」を設立。瀬戸大也選手のコーチに就任。

これから浦瑠一朗コーチの腕の見せどころですね!

瀬戸大也選手の更なる成長に期待です。

スポンサーリンク

浦瑠一朗コーチのwiki風プロフィールは?

瀬戸大也選手の競泳新コーチとなった、浦瑠一朗コーチのwiki風プロフィールをご紹介します。

  • 名前:浦 瑠一朗(うら りゅういちろう)
  • 生年月日:  1994年9月14日(25歳)・・・2020年5月時点
  • 出身地: 埼玉県
  • 出身スイミングスクール: JSS毛呂山スイミングスクール
  • 出身高校:埼玉栄高校卒(瀬戸大也選手と同じ)
  • 出身大学:筑波大学卒
  • 職業: 「LiberWin」代表

スポンサーリンク

浦瑠一朗コーチの出身高校や大学は?経歴やwikiプロフィール調査!まとめ

今回は、浦瑠一朗コーチの出身高校や大学は?経歴やwikiプロフィール調査!についてご紹介しました。

浦瑠一朗コーチは、2020年5月に企業されましたね。

 

これは、瀬戸大也選手のコーチになるためと考えられます。

浦瑠一朗コーチは、瀬戸大也選手と同じ25歳。まだ若いコーチですが、お互いに心の知れた仲ということで、今後どのようにタッグを組んで、記録がアップしていくのが、今から期待が高まるところです。

 

今後は、瀬戸大也だけに注目するのではなく、浦瑠一朗コーチにもぜひ注目していきたいですね。

楽しみです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください